Blog

パアンの集落の人々にとっての、幸せとは?@ミャンマー

こんにちは、生涯自由人のマイコです♪

みなさん、最近、幸せを感じていますか?

今回は、ミャンマーの集落で出会った人々のお話をお伝えしながら、あなたの普段の生活がちょっと明るくなるヒントをご紹介します♪

ミャンマーの街から一歩裏に入ると・・

ミャンマーの街、パアンというところで数日間ステイしていたある日のこと。

ちょっと散歩しようということでフラっと歩いていると・・

前方に辺り一帯を柵で覆われた区域を発見しました。

柵が開かれていたので恐る恐る中へ入ってみると、そこは集落のようになっています。

お家を発見し、

「写真を撮っていいですか?」(わたし)

「もちろん」(家の中の女性)

と許可をいただいたので撮らせていただいた写真がこちらです。

「チェーズーティンバーデー(こんにちは)」

と挨拶すると、

「チェーズーティンバーデー(こんにちは)」

と挨拶を返してくれ、

そのまま何やら、

「こっちへお入り」

といったようなジェスチャーをやっている様子です。

言われるがままに、お邪魔させていただくと、お家でお母さんが氷いっぱいのコーラでもてなしてくれました。

コーラをいただきながらゆっくりと流れる時間に浸っていると、心の奥から幸せを感じてきました。

そして、ここからの眺めも最高なのです。

前方にPhapu(パブ)山が見え、山がこの集落・このお家を見守っていてくれるようにも見えます。

サムくんの描いてくれた絵

ここのお家の長男のサム君が、

「ぼくの幸せ」

と称して描いてくれた絵がこちらです。

「何の絵を描くのかな」

と、興味津々で見守っている私たち。

鉛筆と色鉛筆で、彼にとっての幸せを表現してくれたのは、

お姉さんが、ミャンマーの伝統衣装に身を包んでいる姿

でした。

なんとも家族思いでお姉ちゃん大好きのいい子ですね^^♪

ミャンマー語は、

「ありがとう(チェーズー ティンバーデー)」と「こんにちは(ミンガラーバー)」

くらいしか知らない私たちと、

日本語をほとんど知らない彼ら彼女ら。

「”幸せを絵で表現してください” ってどうやって伝えたらいいんだろう?」

ってちょっと悩んだけど、身振り手振りでお互い一生懸命コミュニケーションし、描いてもらうことができました。

「ことば」って、「言語」だけじゃないなって思えた瞬間でした!

そのあとも一緒に時間を過ごさせていただき、ゆったりと流れる時間に、至福ひとときを感じました♪

学べたこと♪

この集落でのご家族とのふれあいを通して学んだことは、幸せは意外と身近なところにあるということです。

それは、自分の家族だったり友人だったり、兄弟だったり。

そういった身近な人たちと焦らずゆっくり関係を深めていけたら、あなたもきっと、満たされた毎日を送れることでしょう♪

@ a Village in Hpa-An, Myanmar

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

最新記事

検索

アクセストレード パートナーサイト募集

ゲイバー特集

ゲイバー 名古屋

みんなのシアワセ