【コラム】祖父の死~物質としての身体と愛というエネルギー

2019年4月23日、祖父が他界した。

享年86歳だった。

『最後に会えなかった。』

『最後に手をつないであげられなかった。』

『最後にギターを弾いてあげたかった。』

様々な後悔の念が、わたしの胸をいっぱいにした。

わたしが父の実家についたとき、祖父は既に棺の中だった。

「3ヶ月前に会ったときは、まだ元気で何も心配なさそうだったのに。。」

いまはもう、ベッドの中で寝てすらいない。

ショックだった。

「自分が沖縄にいなければ会えたかもしれない。」

そんな思いを拭い切れなかった。

祖父が他界した次の日、わたしは飛行機で名古屋の実家に戻ってきた。

豊橋で行われる葬式に参加するために。。

葬儀は滞りなく行われた。

父が喪主を勤め、今は亡き人である祖父を曹洞宗のしきたりに従って追悼した。

葬儀場でのお経が唱え終わり、棺の中をお花でいっぱいにしたとき、初めて祖父の死後の身体に触れた。

冷たかった。

その「冷たさ」から、祖父の魂はもうこの身体には宿っていないのだということを感じ、一旦引いた悲しみがまた、こみ上げてきた。

棺の中に入った祖父の身体に、「今までよく頑張ったね」って声をかけた。

ついこの間まで生きていた身近な人がこの世を去り、火葬場で焼かれていく様子を間近で見るのは、今回がほぼ初めてだった。

棺の中には、先に逝ってしまった祖母が作ったくす玉が一緒に入れられていた。

(祖父はずっと大事に飾っていた)

そのくす玉と共に、祖父の身体はものの2時間もせずに廃と化した。

後には骨だけが残った。

わたしは信じている。

祖父の身体はその役目を終えただけで、魂は永遠に残っていると。

物質と魂は別で、愛は永遠に消えないということを、わたしは学んでいる。

祖父の死は、とても辛かった。

だけど、これまでに祖父に与え、与えられてきた「愛」というエネルギーは、わたしから他の誰かに与えられ、永遠に生き続けていく。

もしもわたしが「愛」というエネルギーを閉ざしてしまったら、祖父がわたしにくれた優しさは止まってしまう。

だからわたしは、人を愛し、幸せに生きていくことをやめない。

そう誓った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です